Top
M9.0
2011年 03月 15日 |
何を書いていいのかわからないので、その時の自分の状況を書こうと思います。

今回の巨大地震で栃木県南部は震度6強を記録しました。
その時、自分は事務所にいましたが、今まで経験したことのない揺れに対して何もすることができませんでした。本当に長く激しい揺れで、ただ床に伏せるしかありませんでした。本当に恐かった...。
事務所の本棚の本が落ちたり食器が数点割れましたが、幸い大型家具や家電の転倒はありませんでした。
その後、長い揺れが収まると同時に、iPhoneだけを手に取って(危険ですが)車を走らせ保育園に向かいました。子どもは数人泣いてはいましたが全員無事。ホッとして奥さんの実家の無事を確認して自宅に帰る車中、巨大な余震に遭遇。急いで保育園に引き返して、子ども達を引き取りました。
自宅兼事務所は停電していたので、停電していない奥さんの実家に避難しました。
昨日になって津波に襲われた千葉県旭市と茨城県神栖市に住んでいる友人と無事に連絡を取ることができ一安心。
とりあえず今日から仕事をしていますが、全く集中できません。余震も多く、わずかな振動に体が反応してしまいますし、未だに体が揺れている感覚があります。それに加えて原発なんて...。原発はクリーンエネルギーと言われますが、こんな危険を伴えば話は別です。

しかし、被災された方に比べれば自分は全然恵まれています。家もありますし、ライフラインも生きています。
自分に何ができるのか...とりあえず身近なことでまず義援金を送ることや節電を行いたいと思います。チリも積もれば山となるはずですし。


被災されました皆様に心よりお見舞い申し上げます。


追記
栃木県佐野市は震度5強でした。
[PR]
by taishi_mizoguchi | 2011-03-15 14:56 | なんでもかんでも |
<< twitter始めました ページトップ トイ・ストーリー:ハワイアン・... >>