Top
民間確認検査機関
2011年 01月 22日 |
f0138807_222473.jpg建物を建てる際に建築基準法などの法規に適合しているかを確認する「建築確認申請」と言うものがあるのですが、この申請業務も設計事務所の仕事の一つです。
ひと昔前まではこの確認申請の審査をするのは、その建物が建築される場所の役所でしたが、数年前から規制が緩和され民間の機関でも審査できるようになりました。
自分はほとんど役所に申請していますが、フラット35などの特別な申請がある場合には民間の検査機関を使用しています。
先日も宇都宮の検査機関に申請をしに行ったのですが、驚くのがそこのスタッフの第一声。

「いらっしゃいませ!」

以前勤めていた事務所で申請をした埼玉の民間検査機関もそうでしたが、役所ではあり得ない言葉です。
まぁ、民間ですからお客を獲得するためなので、当たり前と言えばそうなんですが、少し驚いてしまいます。
また、民間検査機関と言えば審査するスピードがとてつもなく早いです(役所はほぼ1週間)。そのスピードこそが民間のサービスなのでしょうが、一般住宅では提出してほぼ3日で審査が終了したことを伝える電話がかかってきます。今回は提出した次の日の午前中に電話がありました。
あとは審査した結果の書類(「確認済証」など)を郵送してくれるところもありがたいです。
これも以前勤めていた事務所でのことですが、A4書類たった1枚を取りに行くためだけに宮城県古川の役所まで雪の東北道を往復したことがあります。
良いこと尽くめの民間検査機関ですがデメリットもあり、自分が利用しているところは審査手数料が役所より高めになっています。スピードや郵送のサービスを考えると...ですが、もう少しどうにかしてもらいたいもんです。

写真は宇都宮駅東口。栃木県民ですが東口に来るのは実は初めてです。空き地が広がっていて閑散としていました...。
[PR]
by taishi_mizoguchi | 2011-01-22 21:31 | □建築 |
<< ダイスオー ページトップ 修了証 >>