Top
入力デバイス一新
2011年 07月 04日 |
f0138807_1281018.jpg入力デバイスを変更してみました。
今まではワイヤードのテンキー付きApple Keyboard+マウスでしたが、Apple Wireless KeyboardMagic Trackpadバッファローのテンキーパッド+マウスに。
なぜ変更したかと言うと、仕事でCADを使っていますが、常に右手はマウスを握りっぱなしでテンキーとショートカットキーを打つのは左手です。でもキーボードのテンキーは右側に付いているのでとても使いにくかった。10年近くこのスタイルだったので、このままでも良いかと思いましたがやっぱり使いづらい。
本当はappleがBluetoothのテンキーパッドを発売してくれればベストなのですが、発売する気配は皆無。あきらめかけていた所にMacキーボード調のテンキーパッドが発売になりました。値段も2,000円を切る安さだったので即購入。
購入したテンキーパッドを厳密に見ると、本家キーボードと質感や大きさや角度が違いますが、概ね良好。全入力デバイスをワイヤレスにしたかったのですが、これだけは残念ながらワイヤード。それと「カンマ」がないところが惜しい所でした。

Magic Trackpadは使ってみたかったので導入。僕の使っているCADソフト(JW-CAD)ではMagic Mouseが正常に動作しないのでどのような操作感になるか心配でしたが、至って快適。CAD以外は全てMagic Trackpadを使用しています。特に3本指スワイプが便利です。

入力デバイスの総数は増えましたが、何となくデスク上がすっきりしました。しかも使い勝手も理想型になりました。
使用マウスについてはコチラを参照して下さい。

[PR]
by taishi_mizoguchi | 2011-07-04 23:16 | □Apple・Mac |
<< 福島研修 ページトップ 水浴び >>