Top
鎌倉山の家
2010年 05月 25日 |
f0138807_1533352.jpg私用で鎌倉に行ってきました。
定期的に鎌倉を訪れていますが、今回は少し待ち時間ができたので前から行ってみたかった鎌倉山に向かいました。
この鎌倉山、高級住宅地(別荘地)として知られており、有名建築家が設計した住宅がかなりあります。
今回もGoogle Mapsを駆使して行ったのですが、当初想定していたもの以外がとても狭い範囲に点在していたのには驚きました。表参道や山手通り(東京キリスト教会付近)より“濃い”内容です。




f0138807_1534743.jpgまずは、目的の住宅。手塚建築研究所による「鎌倉山の家」
1999年に建築されたので10年経っています。外壁の木が経年変化で落ち着いた雰囲気を出していました。
思ったよりコンパクトなのと外壁の経年変化と相まって通り過ぎそうになってしまました。
そう言えば過去に「腰越のメガホンハウス」のオープンハウスに行ったことを思い出しました。

f0138807_1535666.jpg次は堀部安嗣氏の「鎌倉山の家」
鎌倉山の山頂にある住宅。室内からの眺望はすばらしい(...はず。)
3階建て見えますが、車が停まっているところは地下になり、法律上は地下1階地上2階建てとのこと。
こちらは2005年建築なので5年ほど経過。木とコンクリートの組み合わせが良いですね。

f0138807_154544.jpg堀部さんの住宅のすぐ下にある納谷建築設計事務所による「鎌倉山の家」
これは想定外でした。


写真はありませんが、納谷さんの住宅と同じ一画にはKEN建築設計事務所による「鎌倉山の家」がありました。
他にも雑誌などで見た住宅(設計者は失念してしまいました...)がゴロゴロしています。
ちなみに今回の住宅、全て「鎌倉山の家」で発表されています。
ちなみにちなみに、最初の写真は堀部さんの住宅の側面。手前の工事中の建物はアーキノーバ建築研究所によるもの。
[PR]
by taishi_mizoguchi | 2010-05-25 23:26 | □建築 |
<< 八十小路 ページトップ 遊環 >>